振興会の歴史
history

東京の下町で明治中期より発展してきた『もんじゃ焼き』は、『文字焼き』を由来としていますが、今日では下町の食文化を代表するアイテムの一つとして、知れ渡るようになりました。

昭和30年代には僅か4軒だったもんじゃ焼き店は、平成に入る頃から急増し、平成9年4月には、月島の僅か半径500mの商店街(通称:もんじゃストリート)の中に、ひしめき合うように増加しました。これらのもんじゃ焼き店28店の店主が集まり、本組合の前身である月島もんじゃ振興会(任意団体)を発足しました。

平成12年12月の地下鉄大江戸線開通により、利便性が向上し、個店の売上は約2割近く増加いたしました。

平成14年9月には構成員が47人に拡大し、念願の協同組合化を実現しました。

そして、令和元年6月には、加盟店舗数54店舗(加盟社34社)にまで発展いたしました。

月島もんじゃ振興会は、訪れる全てのお客様に食の感動と街歩きの喜びを感じてもらえるよう、
愛すべき東京下町の「月島」を盛り上げて参ります。