個性派もんじゃを食べたい!変わり種メニューがあるお店10選♪

個性派もんじゃを食べたい!変わり種メニューがあるお店10選♪

もんじゃ焼の聖地「月島」にはたくさんのもんじゃ焼のお店があり、どのお店に入るか迷いますよね。せっかくならそのお店ならではの個性的なメニューも気になるところ!そこで、たくさんあるお店の中から、“変わり種”もんじゃ焼を出しているお店を厳選してご紹介します!

バンビ4号店

塩バターやトマト!?型破りなもんじゃ焼

もんじゃストリート弐番街にある、バンビ系列の中で1番新しいお店『バンビ4号店』。入口のドアに描かれた赤く大きなロゴはとても存在感があります。こちらの変わり種メニューは、数多くあるもんじゃ焼でも”元祖”と言われるもんじゃ焼です。

特製塩バターもんじゃ 1,540円

バンビが月島で初めて塩もんじゃを始めたそうです。この塩バターの味にイカとコーンが絡み合って、おいしくて無心で食べてしまいます。

トマトジュースもんじゃ 1,540円

トマトもどっさりと入ってますが、名前にはジュースの文字が・・そうなんです!このもんじゃ焼は出汁がトマトジュースなんです。トマト好きにはたまらない一品。生トマト・チーズ・豚バラ肉と絡めあってさっぱりといただけます。他にもびっくりするような変わり種メニューがたくさんあるので、どれにするか迷ってしまいそうですが、自分好みの一品を見つけてみてはいかがでしょうか。

バンビ4号店 外観
●バンビ4号店
  【TEL】03-3534-8431
  【住所】東京都中央区月島1-21-4
  【営業時間】平日 11:30〜23:00 土・日・祝 11:00〜23:00
  【定休日】なし
  【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/bambi-4gouten/

たんぽぽ

北海道、そして沖縄へ!特産品で味わうもんじゃ焼

月島もんじゃストリート四番街にあるお店『たんぽぽ』。こちらでは北海道と沖縄の特産品が、もんじゃ焼きでがっつりといただけます。まずは北海道から!

北海もんじゃ 1,200円

エビ・鮭・帆立・コーンがたっぷりと入っていて、極めつけは味噌とバター!北海道の名産物がふんだんに入っていて、味噌とバターでまろやかな仕上がりに。月島にいたはずが、ここは北海道!?と錯覚してしまいそう。北海道をたっぷりと堪能したら、次は沖縄です!

スパムカレーもんじゃ 1,000円

たんぽぽの隠れ人気メニュー!沖縄といえばスパム。それをもんじゃ焼に入れてしまうという斬新さ。そして、カレー味。スパムとカレーがもんじゃ焼と絶妙にマッチします。北海道と沖縄は真逆の場所ですが、1つのお店でご当地の特産品を堪能できるなんて贅沢!北と南のソウルフードを1度に味わってみてはいかがでしょうか。

たんぽぽ 外観
●たんぽぽ
    【TEL】03-3531-0714
    【住所】東京都中央区月島3-18-5
    【営業時間】 火・木曜日 12:00~23:00 水・金曜日 17:00~23:00 土曜日 11:30~23:00 日・祝日 11:00~23:00
    【定休日】月曜日
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/tanpopo-honten/

ひめぜん

これはもんじゃ焼!?見た目から想像できない変わり種

月島もんじゃストリートの路地裏で外観から存在感を存分に放っているお店『ひめぜん』。のれんには“もんじゃ”と書かれているけど、南国情緒あふれる佇まいです。こちらのお店ではもんじゃ焼なのにもんじゃ焼に見えないというメニューがあるんです。まず一品目は、まるでハワイアンなパンケーキ!?と思わせるこちら!

アボカド明太クリーム 1,200円

クリームのピラミッドがインパクト大!まるでハワイのパンケーキのようなボリューム感です。左右に見える緑のアボカドと赤の明太子がいい色合いで見映えよくなっています。実物で見るとまたインパクトがすごいと思うので、オーダーしてからがワクワクですね。

黒カレー 1,250円

これももんじゃ焼!?とびっくりしそうですが、ひめぜんにかかれば黒カレーもおいしいもんじゃ焼になるんですね。もんじゃ焼の概念を吹き飛ばしてくれるお店です。

ひめぜん 外観
●ひめぜん
   【TEL】03-6228-2139
   【住所】東京都中央区月島3-7-1
   【営業時間】平日 17:00~23:00 土・日 12:00~23:00
   【定休日】なし
   【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/himezen/

宝島

小麦アレルギーの方も安心!米粉を使ったもんじゃ焼

もんじゃ焼は小麦粉で作るもの、といった概念を吹き飛ばすお店『宝島』。米粉を使用しているので、小麦アレルギーの方でも安心して食べられるというのはうれしいですね。

海鮮スペシャルもんじゃ(米粉版) 1,700円

海鮮のオールスターもんじゃ焼です。グルテンフリーかつ海鮮系でとってもヘルシー。ヘルシーさを求める方や女性に受けること間違いなしの人気メニューです。溢れんばかりの海鮮に、作る前からテンションがあがりますね。見た目も食べ応えも大満足な一品です。

米粉使用のお好み焼き ヘルシーメニュー

お好み焼きにも米粉を使用しています。米粉は小麦粉に比べて3分の2のカロリー。そして、ヘルシーで軽い仕上がりになるので、小麦アレルギーの方だけでなく、糖質制限をしている方にもうれしいメニューですよね。月島で米粉を使ったメニューがあるのは宝島だけ。米粉のもんじゃ焼を食べてみてはいかがでしょうか。

宝島 外観
●宝島
   【TEL】03-3533-5700
   【住所】東京都中央区月島3-5-4
   【営業時間】平日 17:00~22:30 土曜日 12:00~22:30 日・祝日 12:00~22:00
   【定休日】不定休
   【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/takarajima/

オリジナルのクリーム出汁が決め手!厳選された食材と絡み合う

もんじゃストリートの参番街にあり、東京最古の交番の斜め前にあるお店『蔵』。こちらでは変わり種のクリームもんじゃが人気です。

明太エビクリームもんじゃ 1,300円

明太子・エビ・コーンをバターで炒めて、オリジナルのクリーム出汁と絡めたら、シチューのようなおいしさになります。もんじゃ焼はソースというイメージが払拭されるメニューです。トッピングできのこやチーズを追加したら・・考えただけでよだれが止まりません!

プチ蔵スペシャルもんじゃ 1,319円

蔵オリジナルのスペシャルもんじゃのプチバージョンです。スペシャルもんじゃは1.5人前もあるので、手軽に食べたいときにもいいと思います。厳選された素材がたくさん入っていてお得感たっぷりです。変わり種のもんじゃ焼を食べたいなと思ったら、ぜひ蔵のクリーム出汁もんじゃを味わってみてください。

蔵 外観
●もんじゃ 蔵
   【TEL】03-3531-5020
   【住所】東京都中央区月島3-9-9
   【営業時間】11:00~22:30
   【定休日】不定休
   【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/kura/

風月

辛いもの好き必見!2種類の唐辛子を使った激辛もんじゃ焼

もんじゃストリート弐番街に入るとBGMが聴こえてくるお店『風月』。こちらでは激辛な変わり種のもんじゃ焼を堪能できます。刺激を求めている方はぜひとも試していただきたい!

ゴジラもんじゃ(激辛) 1,300円

名前からしてすごそうです・・見た目はそんなに辛そうに見えませんが、赤と青の2つの唐辛子を使用している激辛なもんじゃ焼です。辛い食べ物が好きな方にはやみつきになるかもしれません。ゴジラという名前からしてもなんだか火をふきそうな予感ですね。

牛すじねぎもんじゃ 1,300円

牛すじがこれでもか!ってくらい器を覆っているのがインパクト大です。ねぎもどっさり入っていて、鉄板の上で混ざりあっておいしいもんじゃ焼のできあがり。おいしい牛すじのヒミツは、調理方法にあるとのこと。お店でじっくり時間をかけて丁寧に調理しているので、味わえるおいしさがギュッとつまっているんです!もつ煮のような味わいが、もんじゃ焼で楽しめる風月でのおすすめの一品です。

風月 外観
●風月 月島店
    【TEL】03-5166-0888
    【住所】東京都中央区月島1-19-4
    【営業時間】 11:00~23:00
    【定休日】なし
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/fugetsu-tsukishimaten/

てまり

お子様にも大人気!ほうれん草を使ったヘルシーなもんじゃ焼

もんじゃストリートの入口近くにある、40年以上続く老舗のお店『てまり』。長年愛され続けているのにはワケがあります。老舗ならではの安定感と、器から溢れんばかりのボリューム満点な変わり種のメニューで、食べに来た人たちの心をわし掴みです。特にお子様にも大人気なメニューがこちら!

ほうれん草コンビーフチーズもんじゃ 1,600円

器から溢れそうなくらいの量にビックリ。ほうれん草の鮮やかな緑と、コンビーフのおいしそうな赤の配色がとてもきれいなもんじゃ焼です。ほうれん草がたくさん入っていて、お子様だけでなく女性にも人気のメニューですね。

ニラ豚肉もんじゃ 1,200円

豚肉・ニラ・もやしの組み合わせに、上に乗っている豆板醤の刺激がアクセントとなって、お酒も進みそうです。こちらも同様に器から溢れそうなくらいのボリュームです。ハイボールやビールに合いそうですね。家族でも楽しくもんじゃ焼きを食べるのにおすすめのお店です。

てまり 外観
●てまり
    【TEL】03-3531-7114
    【住所】東京都中央区月島1-8-1-106
    【営業時間】 平日 17:00〜23:00 土・日・祝 12:00〜23:00
    【定休日】不定休
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/temari/

だるま本店

決め手は出汁!和風と鶏ガラを選べるもんじゃ焼

築70年の古民家を改装して作ったレトロな雰囲気のお店『だるま本店』。お店の名前の通り、赤い大きなだるまがお店の中央に鎮座しています。懐かしい雰囲気の中で食べるおすすめの変わり種メニューがこちら!

ジェノバもんじゃ 1,240円

え!?もんじゃ焼なのにジェノバ?とメニューを見て驚くと思いますが、だるま本店にかかればイタリアンもおいしいもんじゃ焼になります。トマト、バジル、チーズが入った、見た目鮮やかなもんじゃです。

だるまくんもんじゃ 1,460円

いか・たこ・えび・ホタテ・カニ・しらす・あさりがたくさん入っていて、まるで海鮮の宝石箱!見た目もお腹も大満足な一品です。こちらのお店では、2種類の出汁を選べるという出汁にこだわりをもったお店。さっぱりとした風味の「和風だし(海鮮系)」、しっかりとした後味濃厚な「鶏ガラだし」から選べます。

だるま 本店 外観
●だるま 本店
    【TEL】03-3531-7626
    【住所】東京都中央区月島3-17-9
    【営業時間】 11:30~23:00
    【定休日】なし
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/daruma/

つくしや十八番地

ボリューム?鮮やかさ?好みに合わせて選べるもんじゃ焼

もんじゃストリート四番街、つくしや本店のはす向かいにあるお店『つくしや十八番地』。本店にはない、十八番地店オリジナルのもんじゃ焼があります。季節に合わせたメニューもあり、どれを選ぶか迷ってしまうくらい。

十八番地スペシャル 1,600円

生イカ・イカ墨・そば・明太子・しそが入った、十八番地限定のスペシャルもんじゃ焼です。器から雪崩が起きるんじゃないかと心配になるくらい、てんこ盛り感と具材の大きさに圧巻です。イカ墨がたくさん入っているので、完成すると真っ黒なもんじゃ焼になるという見た目もたのしい一品です。

うめじそおろしもんじゃ 1,200円

もんじゃ焼でこんなに緑があるものなのか!と驚くような一品。それもそのはず、なんとシソを10枚もたっぷりと使っているんです。こちらはつくしやで1番さっぱりとしたオリジナルのもんじゃ焼です。種類が豊富なので、どれを食べるか迷ってしまいますね。

つくしや十八番地 外観
●つくしや十八番地
    【TEL】03-5560-9191
    【住所】東京都中央区月島3-18-5
    【営業時間】 平日 17:00~23:00 土・日曜日 11:00~23:00
    【定休日】月曜日(祝日の場合は営業。翌日火曜休み)
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/tsukushiya18/

おしお本店

定番メニューも変わり種たくさん!おしおオリジナルもんじゃ焼

ここにしかないオリジナルのもんじゃ焼を提供し続けている『おしお本店』。たくさんの系列店ができたり、長く愛され続けるにはやはりワケがあります。オリジナルのもんじゃ焼の中でおすすめな変わり種メニューがこちら!

シーフードカレーもんじゃ 1,150円

ただのカレーではなく、シーフードカレー。そして、器からこぼれ落ちそうなくらいのアサリ・エビがもりだくさんです。ボリューム満点!海鮮とカレーの相性もばっちりでペロッと食べられてしまいますね。

WASABI(わさび)もんじゃ 1,150円

刻みわさびがたくさん入っていて、きのこと絡めておいしくいただける一品です。和のもんじゃ焼ですが、海外の方にも人気なんだとか。さっぱりとしたもんじゃ焼が食べたいときにおすすめです。きのことわさびの香りが食欲をそそります。

おしお 本店 外観
●もんじゃおしお 本店
    【TEL】03-3531-7423
    【住所】東京都中央区月島3-17-10
    【営業時間】 12:00~22:30
    【定休日】なし
    【URL】https://monja.gr.jp/restaurant/oshio-honten/

まとめ

お店によって変わり種メニューが違くて個性豊か。その日の気分や好きな食べ物よってお店を選ぶこともできるなんて、もんじゃ焼は奥が深い。

自分の考えでは及ばないようなもんじゃ焼との組み合わせがクセになります。定番はもちろん、そのお店でしか味わえないようなもんじゃ焼がたくさんあるので、ぜひ月島に行ってベスト・オブ・もんじゃ焼を見つけてみてはいかがでしょうか。